弁護士に依頼する前に

弁護士に依頼する前に

依頼しようとしている弁護士が、アッパーカナダ法律協会(The Law Society of Upper Canada)に登録されているかどうか確認しましょう。登録されていると同時にその弁護士について、依頼人から弁護士会が苦情を申立てられたことがなかったかどうかも確認できます。

1. 電話で問い合わせる
電話番号416-947-3300
“I would like to find out if my lawyer is in good standing with the Law Society.”
“Has this lawyer had any complaints or disciplinary action taken against him/her?”

2. Webサイトで確認する
Lawyer and Paralegal Directory
http://www2.lsuc.on.ca/LawyerParalegalDirectory/index.jsp

また、弁護士自身に次のことを質問しましょう。

いつ弁護士開業資格を得たか

この質問によって、弁護士としてどのくらい経験を持っているかが分かります。
“When were you admitted to the Bar?”

あなたが援助を必要としている法律分野を専門としているかどうか、又、どの分野での専門教育を受けたか

“What area of law do you practise? What specialist training or certification do you have?”

同様のケースをこれまでに何件扱った経験があるか、その内、勝訴となったのは何件か

“How many similar cases have you handled? How many were won?”

いずれかの弁護士会から活動の差し止め、資格(免許)の取り消し、ないしは懲戒、訓戒などの処分を受けた事があるかどうか

“Have you ever been disbarred, suspended, or disciplined by any Law Society?”

これまでに適正弁護料に関する調査を受けた事があるかどうか

“Have you ever been subject to fee reviews?”

上記の質問を聞くのが失礼に感じるかも知れませんが、プロフェショナルな弁護士は喜んで答えてくれますので、遠慮しないでください。弁護士によっては、ファクスかEメールで尋ねることが出来ます。

初めての打ち合わせ

持ち物
  • 質問事項
  • あなたの全ての資料と裁判書類

たとえあなたが不快に感じたり、恥ずかしかったとしても、出来るだけ詳しくあなたの法廷の問題を弁護士に話す事です。あなたの弁護士はそれらを十分に理解していますし、弁護士はあなた自身を判断する為にそこにいるのではないのですから。弁護士はあなたをより良く手助けする為に、全ての事実をきちんと知る必要性があります。

あなたの質問に対しての答え、そして弁護士があなたに次の打ち合わせまでに持って来て欲しい物等を、全て書き留めておく様にして下さい。もしあなたが混乱していたり、何か理解出来ない事があれば、必ずあなたの弁護士にその旨を伝えて下さい。そしてあなたが必要な説明等を、必ず受け取る様にして下さい。

予期出来る事

あなたの弁護士は下記の事柄を説明してくれるでしょう。

  • どのような法律が、あなたの法廷の問題に適用されるのか
  • あなたが望める結果について
  • どの位の時間が掛かるのか
  • 次に何が起こるのか

もしあなたが弁護士に質問があって、次の打ち合わせまでに待つ事が出来ない場合には、あなたの弁護士の秘書に助けを求めてみて下さい。予約無しにあなたの弁護士との面会は期待出来ません。あなたの弁護士は大変忙しく、何時も事務所に居るとは限りませんので。

全ての書類はファイルをして、資料の全てをきちんと読みメモをとっておくと良いでしょう。

弁護士に心配事を訴えるには

1. ご自分の心配な事柄を弁護士に相談し、解明するように努めてください。

2. 相談した上で尚不満が解消しないときは、アッパーカナダ法律協会(the Law Society of Upper Canada)に苦情を申し立てることができます。

苦情の申し立て方法やその後のプロセスについては、法律協会のウェブサイトを参照してください。
■ 申し立て方法について:https://www.lsuc.on.ca/with.aspx?id=644
■ 申し立てをした後のプロセスについて:https://www.lsuc.on.ca/complaints/

その他、苦情の申し立てに関する法律協会の問い合わせ先:416-947-3310

法律協会では公式に認めてはいませんが、www.canlaw.com でも役立つ情報が得られます。このサイトでは、弁護士を雇う上で一般利用者に役立つ「舞台裏」の助言と情報を提供しています。ただし、このサイトは、私設ですので情報の信憑性についてきちんと判断しつつご覧ください。

この情報について質問がございましたら、

JSSまでお問合せください。

Website Designed by DESIGN YOKO

Top