緊急事態911

緊急事態911

緊急電話番号911 火事・犯罪・救急

緊急電話とは?

911は、救急車、警察署そして消防署に電話するときの共通の電話番号です。トロント地区で一日24時間かけられます。

どういうときに使うのか?

人命や財産に危険を感じたときに利用します。例えば、火事、犯罪、急病や怪我等に遭遇した時です。

警察を呼びたいが緊急でないときは?

緊急でないときは(416)808−2222に電話をして下さい。これは、緊急ではないときに警察に電話する為の番号です。人材や財産にはとりあえず危険を感じないような状況、例えば、駐車違反や騒がしいパーティーに対する苦情、損失物に関する問い合わせ等です。

911の上手なかけ方

冷静にはっきりと話しましょう。どんなサービス(警察、消防、または救急車)が必要なのかを知らせてください。そして、以下の情報を伝えて下さい。

  • 何が起こったのか?
  • 場所はどこか?
  • あなたの名前、住所、そして、電話番号は?

電話のオペレーターが、更に詳しい情報を求める事があります。オペレーターの指示があるまでは電話は切らないでください。

あなたが英語を話さない場合は?

あなたが英語を話さない場合、何の言語を話せるかを知らせてください。オペレーターが通訳を通して通話をする間に、あなたは“カチッ”という音と短い英語の会話が聞こえるでしょう。通訳を通して約140の言語で対応が可能です。

無料緊急電話

トロント内のどこからでも公衆電話や携帯電話を使って緊急電話9−1−1が無料でかけれます。

TDD/TTY(耳の聞こえない方のための電話機器)

緊急事態の電話によるTTYへのアクセスは、9−1−1をダイヤルし、次に、応答があるまでスペース・バーのキーを繰り返し押しつづけます。

緊急でないときは(416)467−0493をダイヤルし、応答があるまでスペース・バーのキーを繰り返し押しつづけます。

子供に911の使い方を教えよう!

貴方の子供は、緊急事態における助けの求め方を知っていますか?

  • 緊急事態の助けの求め方を子供に教えよう。
  • 子供が理解できる為になったら、自分の住所と電話番号をできるだけ早い時期に教えよう。万一に備え、電話にあるところには自宅の住所と電話番号を書いた紙を提示しよう。
  • 緊急電話のオペレーターの質問には全て答え、そして指示があるまでは電話を切らないように子供に話してあげよう。
  • 911にいたずら電話をかけることの危険性をきちんと教えよう。
いたずら電話がなぜ危険なのか?

911へのいたずら電話は、お金と時間の無駄になるだけでなく、危険でさえあります。もしも、いたずら電話によって911の回線が混んでいたり、オペレーターが忙しくて対応が遅れたりすると、本当に緊急事態で助けが必要な人が手遅れになったりします。

911、上手に利用しよう。そして乱用はやめよう。

9-1-1Japanese SP227-J,1999/03

Website Designed by DESIGN YOKO

Top