<アンチエイジングとは?>東洋医学と薬膳

 峯崎由紀, オンタリオ州認定鍼灸師/中医学専門士yuki_profile

30代で、シワやくすみが気になったり、抜け毛、腰痛やひざ痛に悩んだりしている方、70代でも元気はつらつ、肌ツヤもよく、輝いている方、どこに違いがあるのでしょうか。

エイジングは、全ての人におこる事です。

「アンチエイジング」という言葉は、特に化粧品などの広告や女性誌の記事などを通して耳にする事が多いためか、「アンチエイジング=美容」のイメージを持たれる方が多いようです。しかし、本来アンチエイジングとは、中医学が得意とする、「予防医学」の概念から生まれた言葉で、加齢とともに起こりやすい病気を未然に防ぐということを意味しています。「肌は内臓の鏡」という言葉もあるように、からだの内側の健康を維持することで、見た目の美容、健康にも影響します。たとえば、アジア人が西洋人よりも肌ツヤがよく、シワが少ないのは、高温多湿の気候で育つアジア人は、もともと体に湿気を多く含み、さらにご飯や煮物など、水分を多く使って調理するものをたくさん食べる風習により、体が水分を多く含むからと言われています。からだの内側から元気にすることで、見た目も輝くのです。

<「アンチエイジング」から「スマートエイジング」へ>

「アンチエイジング」というと、この「アンチ」が前に付くために、加齢・エイジングを否定するネガティブな意味合いで使われることが多く、いかに若作りをするか、シワをとるか、シミを隠すかということに集中しているように思いますが、ここ最近、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授、村田裕之教授により「エイジングによる経年変化に賢く対処し、個人・社会が知的に成熟すること」という意味で、「スマートエイジング」という言葉が広がってきました。「スマートエイジング」、いい言葉だと思いませんか?

<女は7の倍数、男は8の倍数>

中医学の基礎古典医学書「黄帝内経」には、女性のからだは7の倍数、男性のからだは8の倍数で変化すると記されています。

一部を抜粋すると、

<女性>

  • 28歳(成熟期):筋骨や毛髪の栄養状態が最高となり、女性として体が最も充実する
  • 35歳(転換期):顔の色つやに、かげりが見え始め、毛髪や頬のはりなどに衰えが現れ始める
  • 42歳:顔がやつれ、頭髪に白いものが混じり始める
  • 49歳(熟年期):肉体的にも衰え始め、閉経を迎え、子供を授かる機能を卒業する

<男性>

  • 32歳(成熟期):筋骨や肌肉の栄養状態が最高となり、男性として体が最も充実する
  • 40歳(転換期):体力にかげりが見え始める。髪の毛も抜け始め、歯が弱くなったり、肌ツヤがなくなる
  • 48歳:肉体的に衰えが始まり、活動力が低下する。頬はやつれ、しわや白髪が目立つようになる
  • 56歳(熟年期):筋肉の活動が自由でなくなり、運動能力が落ちる。精気無く、生殖機能も弱まり、体全体が老化する
  • 64歳:五臟六腑をはじめ、身体的に衰え、歯や毛髪が抜け落ちる

上記からも、人間のからだの変化は二千年前からあまり変わっていないことがわかります。

食生活やライフスタイルの変化、医療の発達などが進み、寿命は格段に伸びましたが、体の変化するサイクルは不思議なほどに、あまり変わりません。よく、女性は35から、男性は40から急に歳をとる、などと会話の中でもよく出たりしませんか?Yuki food

もちろん個人差はありますが、女性は7の倍数の年齢、男性は8の倍数の年齢に変化が現れやすくなりますので、この倍数の年齢に差し掛かった方は、ご自分の体と向き合って、この先病気にならないための予防やケアについて考えてみるといいかもしれません。

<更年期障害>

女性の閉経前後5年間、45〜55歳頃、男性は40歳以降(特に45〜50歳前後)に現れる不定愁訴を更年期障害と呼びます。女性のこの時期の主な症状としては、ほてり、のぼせ、動悸、めまい、寝汗、イライラ、うつ、むくみ、疲労感、睡眠障害、体重の増減などがあり、卵巣機能が衰え始め、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が低下することが原因だと言われています。

男性は、女性の更年期障害の症状と共通したもの;疲労感、不眠、めまいなどに加え、ED(勃起不全)、筋力の衰え、性機能減退など、男性特有の症状があり、男性ホルモンである「テストステロン」の減少が大きく影響していると言われています。

<キーワードは、「補腎」>

東洋医学では、更年期障害、エイジングの症状を 大まかに言うと「腎の機能低下」とみます。東洋医学でいう「腎」とは、西洋医学の腎臓とは少し異なります。

ここで、この記事の前半を終わります。次回、2015年8月号は、後半の「補腎」及び「腎を元気にする食養生」についての記事を掲載します。

 

コンタクト先: info@nagomi.ca

Top