警察は性的暴行事件の捜査協力者を探している

トロント市警は、性的暴行事件の捜査協力者を探している。 報告によると、  2014年12月31日水曜日午後10時30分、52 歳の女性がダンダス通り東/シャーボーン通り付近にいた。  濃い色の SUV に乗った男が女性に近 づいた。  男は女性に、自宅まで男の車で送る と誘った。  男は女性を車に乗せ、辺ぴな場所へ 向かい、性的暴行を加えた。  男は車でその場を去り、女性は辺ぴ な場所に取り残された。 男の特徴は肌色が褐色、40 歳、身長 5 フィー ト 8 インチ(1m72cm)から 5 フィート 9 インチ (1m75cm)、中肉中背だった。犯行現場を去っ た時点で男は、黒のジャケットと黒のズボン を着用していた。 本件に関する情報を持っている人は警察 416- 808-7474 、匿名希望の場合はクライムストッ パーズ 416-222-TIPS (8477)、オンラインで 、テキスト通信の場合は TOR につづけて メッセージを CRIMES (274637)に、ないしは 情報をフェイスブックに連絡されたい。 iTunes, Google Play または Blackberry App World で犯罪防止アプリが無料でダウンロー ドできる。 性的暴行とは、望んでいない性的接触はいか なるものに当てはまる。必ずしもこれらに限定はされないが、キス、掴む、オーラルセッ クス、性行為などが含まれる。性的暴行に関 する通報の仕方も含め、より詳しい情報を求 めている場合は、Sex Crimes のウェブサイト を参照されたい。

JSS 説明

トロント市警のウェブサイトによると、カナダ人女性の 51%が、生涯で少なくとも 1 回は性的暴行を経験しているという調査結果がある。性的暴行を受けた女性の 69%は交際相手、結婚相手、友人、家族の一員や近隣者と いった顔見知りや近しい人から性的暴行を加 えられている。さらに被害を通報するケースは、被害を受けた女性の6%でしかない。非通報の主な理由は下記の通りである。  通報しても警察は何も行動を起こさ ないだろうという不信感  警察と裁判所の性犯罪の対応に抱く不安感  同じ正犯罪者にまた性的暴行を加え られるかもしれないという恐怖感  恐怖と屈辱感 被害者の多くは若い女性で、特に少女に多 く、加害者のほとんどは男性である。この事から、女性が一人で行動する時は年齢に関係 なく、通常以上に注意を払う必要があると言える。訳出した記事からすると、この被害者 は見知らぬ男の車に自ら乗ってしまったように伺える。こういった行動は断じて起こしてはいけない。甘い誘惑に乗せられないために も、身の安全を常に考え行動をとるように心がけよう。 またトロント市警の性犯罪課は、こういった被害者のアフターケアのためのサポートを提供し、また性的暴行の被害者のためのガイド ブックも公表している。詳細に関しては以下のウェブを参照されたい。

http://www.torontopolice.on.ca/publicatio ns/files/a_guide_for_sexual_assault_survi vors.pdf

Website Designed by DESIGN YOKO

Top