オンライン講座:愛する人の死に備える – 葬儀と埋葬の選択

Momiji / JSS / Yee Hong Centre 共同提供

2024年7月10日(水)3:00 – 4:15 pm

(英語・日本語通訳付)

Momiji Health Care Society と Japanese Social Services (JSS)が共同でお届けするZoomオンライン講座。2024年7月第一弾の講座は、Yee Hong Centre for Geriatric Careと共に、愛する人の死後のことについて学びます。

講座内容

あなたの愛する人が亡くなると、70 以上の決定を下す必要があると言われています。これらの決定には次のものが含まれます。

  1. 埋葬か火葬か。
  2. 遺言状はあるか?
  3. 葬儀を行うか、それともお別れ会/偲ぶ会を行うか?
  4. 葬儀のためのお金がない場合はどうなるか?
  5. グリーフサポートを受けるにはどうしたらいいのか?

その他多数。このセッションでは、葬儀、通夜、偲ぶ会、遺言状などの手配の概要を説明します。また、大切な人を亡くし悲しみに暮れているときに、これらすべての決定を下す必要がないように、葬儀の事前計画を立てることがなぜ大切なのかについてもお話します。ご質問やご不明な点をお持ちの方は、ぜひご参加ください!

講師紹介

ゲストスピーカー:  ラミ・シャミ

ラミはホスピス緩和ケアに30年以上携わり、ホスピス緩和ケアのコンサルタントとして、またKenginton HealthのSecond Mile Clubのケースマネージャーとして、またCommunity Relations Advisor for Lighthouse for Grieving Childrenの地域連携アドバイザーとして活躍。ラミは、誰もが質の高いホスピス緩和ケアを受けられるようになるべきだという信念を持ち、不治の病のある人々、その介護者、遺族のためのプログラムやサービスの開発と発展を強く提唱し、支援している。

講座への参加方法

誰でも興味のある方は参加できますが、開催2日前(7月8日)までに下のボタンより申込登録をすることが条件になっています(オンライン登録が難しい方は、下の問合せ先にある提供団体へご連絡ください)。

(クリックするとオンライン登録フォームが開きます)

登録を済ませた方には、Zoom招待状(時間になったらクリックすれば入れるようになっている)が1日前に提供団体よりメールで届きます。受信ボックスに来ていない場合は、ジャンク(迷惑メール)ボックスを確認してください。そこにもなければ、JSSへメールでお問合せください。

ご注意

1. 登録内容確認のメールが自動で届きます

登録フォームの「Submit」を押した後に、登録された内容が記載された確認のメールがいきます(このメールには参加用URLは含まれません)。このため、登録の際は、Email Addressを間違いのないように記入してください。受け取っていないという場合は、まずはご自身がお使いのメールシステムのジャンクフォルダを確認してください

ジャンクにもなく、数時間経っても確認メールが来ない、という場合は、お手数ですがJSSへお問合せください。

2. Zoom上の名前:登録者とわかるもので

参加の際は、イニシャルやニックネームやデバイス名ではなく、登録している本人だとわかるようにファーストかラストどちらかが必ずZoomにでるようにしてください(例:Hanako Y、H. Yamada、など。両方でもOK)。状況によっては、登録者と判断できないときは、参加者の安全のため入室を許可しない場合があります。

※名前の変え方がわからない方は、JSSやモミジまでお問合せください。

問合せ先

  • モミジヘルスケア協会(ちかげ):416-261-6683 x.244 / ciw@momiji.on.ca
  • ジャパニーズ・ソーシャル・サービス(るみこ):416-385-9200 / programs@jss.ca

Zoomは初めて、という方へ

Zoomのツールに自信がない方は、事前に練習または教えることができますので、お早めにご連絡ください。

※限られた人数で運営しているため、当日、特にセミナー開始時間付近や開始後は、お電話をいただいてもお手伝いできないことがありますので、ご了承ください。

提供団体: